有料老人ホームとシニア向け分譲マンションは何が違う?

介護の施設には様々な種類があるため、どの施設を選ぶか悩んでいるという方も多いかもしれませんが、今回は介護付きの有料老人ホームとシニア向けの分譲マンションの違いについてご紹介いたしますので、施設選びの参考にしてみてはいかがでしょう。

それぞれサービス形態が異なりますので、介護付き有料老人ホームは介護保険の特定施設入居者生活介護を取得している場合がほとんどですから、24時間の介護サービスをご利用いただけますよ。

シニア向けの分譲マンションはサービス付き高齢者向け住宅と同じような形態ですから、日常生活を過ごす中で介護が必要になった場合には、外部の介護サービスを利用することになるのです。

権利形態も異なっていて、老人ホームの場合には利用権になり、分譲マンションは所有権になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る